野末建築

滑川市の工務店・野末建築がプロの目線で快適な住まい作りをアドバイス

公式LINEはこちら

ブログ

家づくりからお金のことまで幅広く発信

SIMPLE NOTE

脱炭素の流れが加速することによって、今後、確実に電気料金は上がっていくと言われています。二酸化炭素の排出を下げるためには、火力発電の比率を減らし、再生可能エネルギーの比率を増やさないといけ…

家は持った方がいいと思うものの、そこにかけるコストはよく考える必要があります。理由は、目下の暮らしにゆとりを持たせるためではなく、不透明な将来に向けて十分な準備をしていくためです。前々回リ…

前回、お伝えしたように家は絶対に持った方がいいものの、出来る限り予算を圧縮し、その浮いた資金を今後の資産形成に回さないといけません。また、家の費用を見直すとともに、家づくりと同じタイミング…

「家」はそれそのものが収益を生まないし、とてつもなく長い期間ずっとその返済に縛られることから、「絶対に建てない方がいい」とお考えになる方もいらっしゃると思います。しかし、個人的には出来るこ…

ここ2年ほどは、2Dの平面図立面図だけでなく、手書きカラーパースで完成イメージを見ていただいてます。おはようございます。Kanonstylehome!Enzouです。そんなこんなで、現在家を建てている方は家が仕…

家の価格は、大きさ、形、間取り、使う材料など様々な要因によって異なるので、単純に比較することが出来ません。例えば、面積100㎡(約30坪)のお家を建てる場合でも、縦横それぞれ10mのお家と縦が5m、…

一般的には35~40坪ぐらいが家の適切な大きさとして認知されています。そして、実際それぐらいの大きさのお家がたくさん建っているので、自分自身もそれぐらいの大きさの家を建てようとお考えになると思…

「家」と聞くとまず頭に浮かんでくるのが「2階建て」というキーワードですが、そうなれば必然的に2階につくられるのが「子供部屋」です。ですが自分自身の経験も踏まえてこの当たり前は、建てる前に本当…

家づくりをしていると、知らない間に常識や当たり前がたくさんアンカリングされていきます。その代表的なこととして、「部屋は南につくり、部屋じゃないところは北につくる」という常識がありますが、で…

ニッセイ基礎研究所の調査によると、現在65歳である平均年収500万円(40年勤務)の夫と妻がパートの世帯の年金額は月額21.6万円のようなのですが、これが現在40歳の方となると約20%ダウンの17.2万円とな…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。