野末建築

滑川市の工務店・野末建築がプロの目線で快適な住まい作りをアドバイス

公式LINEはこちら

ブログ

家づくりからお金のことまで幅広く発信

SIMPLE NOTE

多くの方が、新しく造られた分譲地を好んで購入しようとしますが、この場合、やってはいけないことが、南向きの土地を買おうとすることです。理由は簡単。一番価格が高いからです。かつ、値引き交渉も不…

昨今、住宅の価格は、原材料費の上昇と税負担の上昇、そして基本スペックの上昇によって、上昇の一途を辿っています。また、それに加えて、インターネットやSNSの普及に伴い追加オプションがどんどん加わ…

家のコストを最も左右するのは家の面積ですが、これは、みんなが出来るだけ広くつくりたいと思っているリビングダイニングキッチン(LDK)とて決して例外ではありません。つまり、リビングダイニングキッチ…

子ども部屋の広さは6帖がスタンダードですが、ここ最近は4帖半へと変わりつつあるようです。実際、弊社も4帖半で提案させていただくことが多いのですが、2.6m×2.6mのこの空間に置こうと思っているものが…

住宅展示場に行くと、リビングはもちろん、寝室もかなりゆったりとつくられているし、普通に建てられているお家でも、寝室は子供部屋よりも広めにつくられるのが一般的です。それゆえ、家を建てるにあた…

前回、土地に合わせて家を建て無駄な余白をつくらないことが、外溝工事の予算を大幅に狂わせないために必要だとお伝えさせていただきましたが、とはいえ、これを実行するのは、実はそう簡単なことではあ…

外構工事にかかるコストは、建てる家や土地の状況によって大きく異なるのですが、その相関関係をよく理解してないまま家づくりを進めてしまうと、終盤で家づくりの予算が大きく狂ってしまうことになりま…

お子さんが小学校に上がる前後のタイミングで多くの方が家を建てられますが、この時、向き合って考えてもらいたいことが、今後、どんな出費がどれくらい必要になるのかということです。それらを把握して…

今や共働きはごく当たり前となっていますが、共働きであることを前提としても、毎月のローン返済額はご主人の手取りの30%以内で抑えるべきだというのが個人的な考え方です。仮に手取りが30万円だとした…

一般的に北向きの土地は日当たりが悪いかあるいは悪そうなイメージから敬遠されがちです。実際、南に隣接して2階建ての家が建っている場合、日中、土地の半分ぐらいが陰になっていることが多いのですが、…

当店でご利用いただける電子決済のご案内

下記よりお選びいただけます。